配信代行とは

まず、配信代行を簡単に説明すると

「あなたのライブ(イベント、講演会、トーク番組etc…)を私達で人も機材も用意して、しっかりと生配信(生放送)致します」

と言ったサービスです(Googleなどで「配信代行」で検索すれば、様々な会社さんが出てきます)



2010年代に入ってから「Ustream」「ニコニコ生放送」と言った、誰もがインターネットを使って生配信を行うことが出来るできる様になりました。

webカメラやスマートフォンを使った雑談配信等は特に高価な機材を必要としないので基本誰でも出来ますが、

それに比べてライブの配信などは色々機材が必要だったり知識も必要となるので、敷居が高くやりたいと思っていてもなかなか出来ないものです

そんな中で配信代行と言うサービスが続々と生まれてきたわけですが、基本的に会社単位で行なっている為

特に個人の方は予算的にお願いするのには厳しい部分があるかもしれません。

(プランにもよりますが、シンプルなものでも10万円は当たり前?)



そんな時私の中で
「限られた予算の中でライブ等を配信をしたいと言う人は少なからずいるだろうし…私自身はこれまでに数多くの配信現場を経験してきたスキルを持っているので、生配信するための機材を全て自分で用意してお手軽価格で気軽にお願いできる配信代行サービスを立ち上げよう」

と思い、実際に機材を揃えこうして立ち上げに至りました。

 

配信以外にも、通常の撮影によるカメラマン・音声・映像編集など幅広く可能です。

2014年になってからは、ライブ配信よりもトーク番組配信で入ることが多くなっております。

【配信代行の流れ】

1、お問い合わせ

日時、場所、内容、質問などを記載して「お問い合わせ」ページからご連絡下さい。

(基本的には個人で動いているので、直前での依頼になればなるほど、既に埋まっていて受けられない可能性があります。

2、やり取り

メール・電話などで(必要によっては実際にお会いして)お話しし、見積もり金額を出した上で

「お願いしたい!」となりましたらサービス申し込み。

3、(必要でしたら)下見

事前に会場に行き、回線カメラ設置位置決め・回線速度チェック等を行います。

4、当日、配信実地

5、配信終了後

同録データ、視聴者数などのデータを後日お送りいたします。

【注意点】

・インターネット回線がない場所では配信は行えません(有線の光回線推奨)また、回線があったとしても上り速度が1Mbpsいかない場合は個人的にはオススメしません(配信が止まる可能性が大きい為)

※厳密には、インターネット回線がなくても無線端末を使うことでの配信は可能です。しかし速度的にも安定性にも劣るため、途中配信が止まる可能性は大きいことはご了承ください。


Q&Aページもございますが

分からない点がありましたら、お問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。

© 2012 by The Plumbers. No animals were harmed in the making of this site.